• 話題のインナーマッスルダイエットに有効な器具や運動、EMSの効果などについてまとめました。

ダイエットにはインナーマッスルの強化が重要という話をあなたは聞いたことがないでしょうか。

 

なぜインナーマッスルがダイエットに効くかというと、1つにはインナーマッスルを鍛えることによって基礎代謝が上がり、脂肪が燃焼しやすくなるためです。

 

また、インナーマッスルは体の内部にあるため、アウターマッスルのように鍛えすぎるとムキムキになって太って見えるということもありません。

 

さらに、インナーマッスルを鍛えることで姿勢がよくなったり、血流がよくなって体調が改善したり、スポーツでのパフォーマンスが向上したりなど、うれしい効果がたくさんあります。

 

 

では、インナーマッスルを効率的に鍛えるには、どのようにしたらいいのでしょうか。

 

もちろんトレーニングによってインナーマッスルを鍛えるという手もあるのですが、インナーマッスルのトレーニングは初心者にはかなり難易度が高いです。

 

普通のトレーニングではアウターマッスルが主に鍛えられてしまい、インナーマッスルに効かせることは困難です。

 

プロのトレーナーにフォームをチェックしてもらってトレーニングするなら話は別ですが、自力でインナーマッスルを強化するのはかなり大変です。

 

 

そこでおすすめなのが、インナーマッスルに効くトレーニング器具を使うことです。

 

中でも効果が高くコスパがよいトレーニング器具として、健康コーポレーションの『ボディカル』という器具が一押しです。

 

ボディカルは、EMSというシステムを使っています。

 

EMSというのは、分かりやすく言うと、電気の刺激により、インナーマッスルを自分でトレーニングするより数倍~数十倍も効率的に鍛えることができるシステムです。

 

このシステムを用いて、筋肉の刺激を短時間で一気に行います。

 

これだけの刺激を普通のトレーニングで筋肉に与える事はまず不可能です。

 

だからこそ、ボディカルで鍛えられた後では、消費カロリーも変わってきます。

 

 

 

 

では、実際にボディカルを使ってみるとどんな感じでしょうか?

 

まず覚えておくべきなのは、電気の刺激なので、その出力には注意する必要があると言うことです。

 

もちろん、安全には十分配慮されていますが、一刻も早く成果を上げたいからと言って、MAXの出力(レベルが5段階になっています)でいきなり使用するのはNGです。

 

人によってはかなり痛く感じるはずです。

 

最初のうちはまずレベル1から始めて体を慣らしつつ、説明書に従って正しい使い方を覚えていくのがおすすめです。

 

筋肉に届いていると感じる位まで押しながらボディカルを動かしていると、筋肉への刺激が感じられるはずです。

 

筋肉運動を電気刺激で促すことにより、徐々に筋肉の機能を取り戻すと言った感じですね。

 

体力がない人や運動が苦手な人でも無理なくできるので、この機会にぜひ始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

EMSでインナーマッスルを効率的に鍛えてダイエットできる理由とは?


コメント一覧

返信2018年8月21日 4:38 AM

scr88824/

Google friendly URLs really use if ranking is an option for you. It defends a person's eye of has been worked hard to create original content. In conclusion, you must be target certain keywords. https://918Kiss.bid/downloads/78-download-918kiss-casino-games-all-in-one-ios-and-android

返信2018年9月21日 6:37 AM

ace333 apk download24/

The purpose of the game is to put black and white tiles down on a game board and "capture" your opponent's pieces. In addition, you need when you you are offering valuable happy. https://918kiss.bid/downloads/222-download-ace333-apk-to-phone-for-android-and-ios

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です